パンドラの箱

自分の書いた小説などの文章をアップします。 いろんなジャンルがありますので、よかったら読んでいってください。読み逃げ全然OKですw

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
金曜日 11:00am
 翌日、薫子は朝一番で保健所に出かけた。保護されてるかもしれないし、もし最悪、事故に遭っていたとしたら、やっぱり保健所に何かしら手がかりがあるかもしれない。
 だが、ジローがいなくなった辺りの地域を担当する保健所には、全くそれらしい犬の手がかりはなかった。

金曜日 9:00am
 薫子はジローがいなくなった辺りから少し足を伸ばし、絹子がジローを買ったというペットショップ『パートナーズガーデン』を訪ねてみることにした。
「聞いた住所だと、この辺りなんだけど…」
 そこは絹子の居住もある、閑静な高級住宅地の一角だった。
 犬を散歩させている人がやたらと目立つ。しかも、いかにも品が良さそうな犬ばかりだ。
 カフェテリアのオープンテラスにも、犬を連れて食事やお茶をしている人が目に付く。
「なんだか日本じゃないみたい。ふうん、こういう所もあるのねー」
 異国気分を味わいながらしばらく歩いていくと、目的のペットショップについた。
 驚くべきはそのペットショップ、薫子が想像していたような、街の一角にぽつんとある小さな店舗などではなく、7階建てのビルまるまる1つが総合ペットデパートになっていた。

1階はペットを売るペットショップ、2~3階はペット用品売り場になっていて、そこから上はペット美容院、獣医、ペットホテルなどが入っている。
 大きな自動ドアをくぐり白く清潔感のあるフロアに入ると、その広さに驚いた。ペットと一緒に買い物ができるように、通路も広くとられている。並べられているペットケースも個室で普通の2倍はあるし、奥には実際に動物と触れ合えるコーナーなども用意されていて、ちょっとしたテーマパークにでも来た気分だ。
「すごいわ。こんなお店があるのね」
 かわいい犬や猫たちを見ていて、心が和まないわけがない。
 思わず仕事を忘れて、夢中になってケースの中を覗き込む薫子。
 いかにも品のよさそうな顔をした犬、どう見ても可愛いというより滑稽な、それでいて愛嬌のある顔をした犬、などがウィンドウから覗く薫子の方に向かって尻尾を振ったりしている。
「かわいい~~!!」
「お客様、どのような犬をお探しでしょうか?」
 胸の所に店名のロゴとかわいい犬のプリントが入ったエプロンをした若い女性店員が、話し掛けてきた。

「あ、いいえ、その…」
一瞬薫子は苦笑いして、
「見ているだけなので、気にしないでください」
「そうですか。何かお聞きになりたいことがあれば、声をおかけくださいね」
 そういって店員は離れて行った。
 薫子はなおもペットケースを見て廻る。と、ふとあることに気付いた。
(ジローと同じシーリハムテリアって犬がいないわ。ここで買ったわけだから、仕入れのルートがあるはずよね。もしも希少種目当ての誘拐というセンなら、その辺りの業者が関わってる可能性もあるわ)
「すみませーーん」
 薫子は、さっきの店員を呼んだ。
「はい、なんでしょうか?」
あまり客がいなかったせいなのか、すぐに店員がやってくる。
「シーリハムテリアが欲しいんですけど」
「あ、シーリハムテリアですか…それはちょっと今、うちでは扱ってないんですよ」
「以前ここで売ってたって話を聞いたんですけど…」
「…ああ、特別にブリーダーの方から仕入れることもありますから。でもシーリハムは非常に珍しい犬種なので、滅多に入らないんですよ」
「じゃあ、直接ブリーダーの方を当たってみたいので、どなたか紹介していただけますか?」
「それはちょっと困ります。うちの独自ルートなので、店長に聞いてみませんと…」
「どうしたんですか?」
 奥のほうから現れたのは、30代前半ぐらいの人のよさそうな男性だった。
「あ、すみません店長。こちらのお客様がシーリハムテリアが欲しいそうでして」
「シーリハムテリアを…? それでなぜうちを?」
「あの、実は、とある人からここで買ったと聞いたものですから」
「……もしや刈谷さんのお知りあいですか?」
 店長は、渋い顔になって言った。
(ああ、この人も刈谷さんに悪い印象持ってるみたいね。でも嘘をつくわけにもいかないし。ここは観念して、素直に頷いておくべきかな)
「ええ、そうです」
 すると店長はすこし考え込み、それから言った。
「宜しかったら奥でお話しませんか? ちょっとお聞きしたいことがあるので」

金曜日12:00pm
 応接室に通された薫子。
 奥はちょっとしたサロン風のくつろげるスペースになっていた。
 ゆったりとしたソファに腰掛けた薫子の向かいに、店長も座っていた。
「私、この店の店長をしている麻生と申します」
「五月薫子といいます」
「よろしく」
 にこ、と微笑んだ麻生のメガネの奥の目がとても優しかった。
「早速ですが、刈谷さんの所のジローくん、見つかったんでしょうか?」
「いなくなったこと、ご存知なんですか?」
「ええ、5日ほど前に電話がありまして【ジローちゃんが誘拐された】と大騒ぎしておられたんで。私も知り合いに何件かあたりましたけど、見つからずじまいだったんです。その後、どうなったんでしょう?」
「まだ見つかってません…」
「そうですか」
 麻生は、ふう、と大きなため息をついた。だが、ふと、何かを思いついたように顔をあげた。
「まさか…!」
「え?」
(なになに? 心当たりでもあるのかしら?)
薫子の淡い期待は、次の言葉で裏切られた。
「刈谷さんはジローを見捨てて、別のシーリーハムテリアを飼おうと思っているんじゃないでしょうね? それであなたをこちらへ寄越したんじゃあ…」
「ち、違います!」
 否定したものの、麻生の目にはあきらかに疑いの色が浮んでいた。
「私も犬が好きでシーリーハムテリアを飼いたいって思っただけです」
「本当に?」
 なおも不審の色をあらわにする麻生。
(…よっぽど刈谷さんって信頼されてないんだなぁ~)
 このままでは、情報どころか追い出されてしまいそうだった。
 麻生に嘘をついても、不信感がつのるだけだろう。
 そう判断した薫子は、素直に自分が探偵であること、刈谷の依頼でジローを探していることを話した。
 麻生は、あきらかにホッとした様子だった。
「そうですか。まさかとは思ったんですが。素人考えで判断して申し訳ないです」
(本当に素人推理は困ったもんだわ。優奈ちゃんじゃないんだからね~)
「じゃあ改めて、ジロー探しのためにご協力いただけますか?」
「ええ、それは…もちろん」
「なにしろ、ジローを見たという人が全くいないんです。珍しくて目立つ犬なので、ちょっとおかしいですよね。それで、まあ、一応、拉致の線も考えているんです。珍種を攫って転売する組織とか…」
「確かにありえないことじゃないですね。昨今のペットブームは凄まじいものがありますし、血統のよい犬やシーリハムテリアのような希少種を手に入れるために大金を出す人もいますから。ただ…」
「何でしょう?」
「シーリハムテリアは確かに珍しい犬ですが、決して一般に手に入らない訳ではないんですよ。輸入すれば50万~60万ほどかかってしまいますが、最近日本でもブリーディングされるようになったので、ブリーダーから直接譲ってもらえれば20万~30万といったところですし。もちろん数が少ないのでかなりルートに明るい方でないと難しいですけどね。ただ1歳以上となるとさらに価値はさがってしまいます」
「そうですか…。でも全く情報がないというのも妙ですので、何らかの事故に巻き込まれた可能性もあると思っています。ジローちゃん、ちょっと怪我をしているようですし、もしかしたらどこかで動けなくなっているのかも」
「怪我ですか。それは知らなかった、心配ですね…。保健所はどうですか?」
「当たってみましたが、それらしい犬の情報はありませんでした。他にはもう手がかりが全くなくて、困ってるんです」
「犬の情報ですか……そうだ、それならいい所がある」

日曜日 10:00am
 とても天気のよい日だった。風も冷たすぎず心地よく、散歩日和という感じだ。
 薫子は【馬渕公園】に向かっていた。
【馬渕公園】は、ペットショップ『パートナーズガーデン』がある住宅地から少し離れた場所にある、自然公園だった。普通の公園のような施設はないが、かなりの広さがある広場があり、日曜ともなると犬を散歩させる人たちで大賑わいになっているようだ。
 麻生から聞いたところによると、この【馬渕公園】には毎週日曜日になると、シーリハムテリアをはじめとした、珍しい犬種をペットにもつ人々の集まりが催されているのだという。といっても主に犬の散歩を目的とした飼い主同士の交流程度らしいが、会のメンバーにはお金持ちも多く、この付近ではこの会に入っているのはちょっとしたステータスなのだということだった。
 特にシーリハムテリアの愛好家が多いので、シーリハムテリアに関する情報はここの会の人たちに聞けばわかるかもしれない、ということだった。
 薫子は前もって聞いておいた会の集合場所である広場に向かった。すると、その集団はすぐに目に付くところにいた。
 みな品のよさそうな犬を連れていて、家族連れや女子大生もいたが、多くは年配の人たちだ。誰もがどこかゆったりとした不思議なゆとりのようなものを漂わせている。
 その輪の中心にいる初老の男性は、この会のリーダー的存在だろうか。
(なんだか違う世界の人って感じ? これも一種の社交界なのかしらね~)
 薫子は、その中の1人、真っ白で耳のところに黒いブチのあるシーリハムテリアを連れた品の良さそうな中年の女性に近づいた。
「こんにちは。かわいいワンちゃんですね」
「ありがとう。この子はサラちゃんっていうのよ」
 ぬいぐるみのように可愛いその犬は、丸い目で薫子のことをじっと見ていた。
(うわぁ~本当にかわいい! …って、ダメダメ、仕事第一でしょ。でもカワイイ~)
 薫子はしばらくその犬を撫でていた。飼い主の女性は、にこにこ笑ってそれを見ている。
「あの、この子、シーリハムテリアですよね?」
「ええ、そうですよ」
「ちょっとお伺いしたいんですが、最近シーリハムテリアの迷子犬を拾ったというような話はないでしょうか?」
「いえ、聞きませんけど…なんですか、あなた?」
「可愛がっていた犬がいなくなったという方から頼まれて探しているものです」
 女性の顔はあきらかに曇り、不審そうな表情があらわになった。
「それってもしや……刈谷さん…?」
「ご存知なんですか?」
「刈谷さんですって?」
「なあに、刈谷さんの知り合い…?」
 とたんに、辺りがざわざわとざわつき、みな眉をしかめて何やらひそひそと話はじめた。
 その空気に、薫子は刈谷の名を出したのが失敗だったことを悟った。
「申し訳ないんですけど、何もお話するようなことはありません」
「あの、でも…」
 そのとき、中心にいた、初老の男性が立ち上がった。
「さあ、そろそろおひらきにしましょう」
 その言葉を合図に、みな帰り支度をはじめ、そそくさとその場を後にしてしまった。
 まったくとりつくしまもなかった。
 薫子はあわててさきほど話を聞いた中年女性の後を追った。
「すみません!」
 中年女性は、しぶしぶ立ち止まった。
「なんですか? お話することなんかないんですけど」
「刈谷さんとみなさんとの間に、何かあったんでしょうか?」
「…私達のことをあまり詮索しないで頂きたいわ。とにかく、刈谷さんのことは口にしたくもありません。他の人に聞いても同じ答えが返ってくると思いますよ。特にリーダーの間宮さんは刈谷さんのことをそりゃあ嫌っていますから」
 そういい捨てると、さっさと歩いて行ってしまった。
(間宮さん? さっきのリーダーっぽい人のことかしら。あの人を追ってみようか)
 薫子はリーダー格の存在と思われる初老の男性の姿を探す。犬連れでゆったりとした足取りだったためか難なくそのすがたは見つかった。
「すみません!」
 男性は薫子の声に立ち止まる。それと同時に、連れていた犬も立ち止まり、男性の足元にきちんとおすわりする。実に躾の行き届いた犬だ。
「何でしょう?」
「刈谷さんを知っていらっしゃるんでしょうか?」
「…ええ、刈谷さんは以前私たちの仲間だった方です。ですが、ずいぶん前から姿を見せなくなりましたが、それが何か?」
「じゃあ、ペットのジローがいなくなったこともご存知で?」
「噂で聞いています。でも、無理もないかもしれませんね。あの人にはペットを飼う資格などありませんよ」
「そんなことはないと思います。ジローがいなくなったことにとても心を痛めています。とてもジローを愛しているんじゃないでしょうか」
「単に、自慢のペットが消えてしまったことを悔やんでいるだけじゃないですか」
「それは…」
 薫子には男性の言葉を否定しきれなかった。
「本当にジローのことを愛しているんなら、怪我をしているのに散歩に連れ出すことなんてできないはずだ」
「え…っ?」
「これで失敬します。急いでいるもので」
 初老の男性はそう言って去っていった。
(……あの人、きっと何か知ってる…ジローが怪我したなんて、私は言わなかったし、麻生さんだって知らなかったはずのことだもの)
 あの会と刈谷さんとの間にも何か事情があるようだ。ジロー探しの手がかりとして、調べてみる価値はありそうだった。
(もう一度麻生さんに話を聞きにいってみようか)

日曜日 11:30am
 薫子は再びペットショップ『パートナーズガーデン』を訪ねた。
「五月さん、どうでしたか?」
「それが…」
 薫子は、刈谷絹子の名前を出したとたん皆が急に態度を変え、そそくさとその場を立ち去ってしまったことを麻生に話した。
「ちょっとまずかったですね。刈谷さんの名前は会の間では今やちょっとしたタブーですから」
「そ、そうなんですか…」
 薫子はがっくりとうなだれた。
(どうしてそれを先に言ってくれないのよ~!)
「一体、刈谷さんとの間に何があったんですか?」
「それは……ほんのささいな意見の行き違いなんです。会の人たちは実際にブリーダーやトリマーや訓練士をしている方も多くて、専門知識が豊富な、まさにペットのプロフェッショナルの集まりなんです。ペットの躾に関しても、かなり徹底した考えをもっています。それだけに、近寄りがたい、ちょっと閉鎖的な所があるんですよ。基本的にはみな気のいい人たちなんですけどね」
「グループとしての意識が強いんですね」
「そうです。その会に刈谷さんを紹介したのは今では失敗だったと思っています。まさか、あんないざこざが起きるとは…」
「いざこざ…?」
「紹介した時、刈谷さんはペットを飼うのはジローが初めてだというので、みんな始めは色々と助言をしていたんです。ところが、刈谷さんはジローを甘やかすこと=愛情だと思ってしまって、ジローにきちんと躾をしなかったんです。思い切り甘やかす一方で、気分しだいで叱ったり。その様子を見ていた会の人たちがたしなめていたものの、聞き入れてもらえず、揉めたんです。その頃から会の人たちと刈谷さんの仲が悪くなっていって…そしてある時、ジローが、他の犬に怪我をさせてしまったんです」
「怪我? ケンカですか」
「ええ。といってもさほどの怪我じゃないんです。ただ、ジローはきちんと躾をされていないので、じゃれ合いの適度な限度というものがわからないんです。それで自分ではじゃれているつもりで相手を怪我させてしまった。もうその頃には刈谷さんはすっかり会の中で孤立していたもので、その事件をきっかけに、追い出されるような形で会を離れてしまったんです」
「…そういう事情があったんですか」
 薫子は、深く頷いた。
 そのときだった。
 入り口の自動ドアが開き、中年の女性が店内に入ってきた。刈谷絹子だった。
 だが、数日前の勢いはなく、頭をうなだれ、その足取りは重かった。
「刈谷さん…?」
 絹子は麻生の姿を見つけると、こちらへまっすぐに向かってきた。
「店長さん、先日は大変失礼しました。今日はお詫びと、それからジローのことで何か…そのう、会の人たちが知っていないかと思ってお話をうかがいにきました」
「え、あの、そうですか…」
 あまりにもしおらしい様子の絹子に、麻生は慌てているようだった。
「刈谷さん」
 薫子の呼びかけに、絹子は顔をあげ、薫子の方を向いた。
「あらまあ探偵さん、いらっしゃったんですか。あの、ジローはまだ…?」
 絹子の目は、彼女だとは思えないほど必死の色合いを帯びていた。
「いえ、まだ…」
「そうですか…」
「力が足りず申し訳ありません。今、麻生さんから色々とお話を伺っていたところなんです」
「そうですか。だったら、お任せしますので宜しくお願いします。どうかジローちゃんを…」
 そう言って麻生と薫子にぺこぺこと頭を下げると、絹子はペットショップを後にした。
 その後姿は、どことなく寂しそうだった。
 絹子の後姿を見守っていた薫子は、深くため息をついた。
 あまりに意気消沈している様子にショックを受けたのだ。それは麻生も同様らしかった。
「驚いた…まるで別人みたいですね。刈谷さん、本当にジローのことが心配でたまらないんだ…」
「ジローのこと、ちゃんと愛してるんですよね」
「…そうですね。僕は正直、刈谷さんのジローに対する愛情を疑ってましたけど、あの姿を見たら、刈谷さんを信じられるような気がしてきました」
「ええ。刈谷さんのために、ジローちゃんのためにも、頑張って、早く探さなくちゃ」
「そうですね。僕も、できる限り協力しますよ!」
「お願いします」
(そういえば…)
 薫子は、ふとリーダー格の初老の男性のことを思い浮かべた。
「あの、間宮さんって、あの会の中心人物なんですか?」
「そうです。有名なペットショーなどで何回も賞をとったことのある名ブリーダーなんですよ」
「へえ、すごい人なんですね」
「ええ。……実は、僕の母方の祖父なんです。手前味噌でお恥ずかしいんですが」
「犬好きの一族かあ。素敵ですね。…それにしても、あの人たちからちゃんと話を聞けるい

い方法はないものかしら…」
「そうですね。だったら、こういうのはどうでしょう?」
スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ
ブログ・カウンター
Today:

Yesterday:


SEO無料・出会い裏DVD・無修正不倫してみませんかホームページ制作

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

関谷うらら
  • Author: 関谷うらら
  • 妄想大爆走な文章を書くのが趣味の♀です。
    「妄想は自分を裏切らない、妄想も自分を裏切ってはならない」が座右の銘ですw

    ご連絡などありましたらこちらまでw
    urara0202777@excite.co.jp

Search

Calendar

04月 « 2018年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。