パンドラの箱

自分の書いた小説などの文章をアップします。 いろんなジャンルがありますので、よかったら読んでいってください。読み逃げ全然OKですw

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
私にはとっても素敵な彼がいるの。
優しくてあったかくてご飯を作るのがうまくて笑顔がとてもすてきなひと。
彼と一緒にいるようになってどのぐらい経ったのかしら。
「いつまでも一緒にいようね」ってだっこしながら言ってくれるとき、とてもとても幸せな気持ちになるの。
「…うん、ずうっといっしょ」
全身をすり寄せて私も誓う。それは聖なる約束だから。

でも、彼はある日突然、全く知らない女を家に連れてきたの。
その女は、いきなり台所で料理を作って彼や私にふるまった。
私が料理全然できないって知ってて…なんか切なくなった。 【“気まぐれな独占欲”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ
今日、あの人が死にました。

その事を知ったのは今朝、出勤前にいつも見ているテレビのニュース番組でした。

母親を追いかけて車道に飛び出した子どもを身を挺して救い、重体で病院に運ばれたものの治療の甲斐もむなしくさきほど亡くなりました、と番組のアナウンサーは淡々と告げました。
ご冥福をお祈り致します…そんな言葉が虚しく私の周りを廻っていました。

あの人の家族が画面に映ります。
涙をおさえながら「とても立派な、あの人らしい最期でした」そう呟く憔悴した女性は、奥さんなのでしょう。
隣にいる詰襟を着込んだ中学生は、女性を横から支えながら青ざめ、ただ押し黙っています。
幸せな家族に突然降りかかった不幸に、周りの誰もが同情するでしょう。

では、私は…?
不幸になる権利もない私は…どういう感情を抱けばいいのでしょう。 【“【千羽鶴】”の続きを読む】 このページのトップへ
ふりしきる雨。
古びたレンガに囲まれた路地裏で、彼女はじっとうずくまっていた。
膝をかかえるその腕、その足、腰、容姿、なにもかもが完璧に美しい女。
だがその端麗な顔に浮かぶ表情は、暗く沈んでいた。
空ろな目、降りしきる雨に打たれながら、雨が降っていることさえも気づいていないかのように、視線を宙に彷徨わせている。

そんな彼女に、裏通りを通る男たちが目をつけた。
野卑な笑いを顔に浮かべ、数人で近寄ってくる。
「よぉ、きれいなおねーちゃん。どうしたんだ?」
「男にでも振られたのかい?俺たちが天国へ逝かせてあげるぜぇ」
男の一人が、彼女の腕をとり、強引に掴んで立たせる。
濡れて皮膚にまとわりつくTシャツとジーンズには、完璧な身体のラインが浮き上がっている。
男たちは舌なめずりをする。

「こりゃあ・・・女優みたいなべっぴんだな。このへんではお目にかかれねえ玉だ」
「楽しみだぜ・・・」
熱い吐息が彼女の頬にかかる。 【“【Deceitful virgin】Part1-プロローグ-”の続きを読む】 このページのトップへ
ブログ・カウンター
Today:

Yesterday:


SEO無料・出会い裏DVD・無修正不倫してみませんかホームページ制作

FC2Ad

Information

関谷うらら
  • Author: 関谷うらら
  • 妄想大爆走な文章を書くのが趣味の♀です。
    「妄想は自分を裏切らない、妄想も自分を裏切ってはならない」が座右の銘ですw

    ご連絡などありましたらこちらまでw
    urara0202777@excite.co.jp

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。