パンドラの箱

自分の書いた小説などの文章をアップします。 いろんなジャンルがありますので、よかったら読んでいってください。読み逃げ全然OKですw

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
放心状態でいると、先生はゆっくりと俺をベッドに押し倒し、シャツのボタンを1つずつ外す。
「…先生…あの?」
「あんまり気持ちよさそうなキミを見てたら…私も我慢できなくなっちゃった…」
足に馬乗りになった彼女は、俺のシャツをはぎとり、淫靡な舌で、今度は乳首を責めはじめた。
「…ぅあっ!」
「男の人って、けっこう乳首感じるのよね…。女みたいに胸のお肉がない分、神経がすぐ伝わるのかしら?」
そういいながら、ぴちゃぴちゃと音をたてて右の乳首を舐める。
何も知らない俺は、乳首を責められて感じるのは女だけだと思っていた。思いがけない快感に、すぐ下半身が反応する。
「もう元気だ。やっぱり若いなァ…」
髪をすっとかきあげながら、にっこりと笑う。その頬は上気し目は艶っぽい輝きを帯びている。
痛いほどに下半身が膨張してくる。
「先生…気持ちよすぎ…もう…」
「ちょっと待ってね。右だけじゃ、左のコがやきもちやくでしょ」
そう言って左の乳首に舌を移しさらに舐めあげる。
下半身には全く触れない。今触られたらもうすぐにいってしまいそうだ。
しばらく左も責められ続ける。我慢するのが辛くて、でもたまらなく気持ちいい。
「…そろそろ限界かな」 【“本能の教え方 lesson2”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ
俺は保健室の前にいた。
特に気分が悪かったわけではないが、なんとなく授業をサボりたくなったのだ。
保健室の扉には「休憩中 教員不在」とある。今は中に誰もいないらしい。
扉に手を開くと、カギはかかっていないようで難なく開いた。
「まあいいか。中へ入って休んじまおう」
俺は無人の保健室に入り、ベッドにすばやくもぐりこむと、周りのカーテンをすべて閉め切って眠りに入った。

「……めて!」
甲高い叫び声でふいに目が覚めた。保健教員の安沢先生が戻っているようだ。
「もうやめて!あなたとは終わったっていってるでしょう?」
なにかただならぬ様子に起き上がった俺は、カーテンの隙間からそっと外をうかがった。
ちょうどカーテンを開けると、安沢先生の机が見える。
そこに、安沢先生とこちらに背を向けた男の姿があった。
美人の保健室の先生というと、男子高校生のロマンだが、安沢先生はその夢を具現化したような女性だった。
やさしい笑顔と物腰、メガネをかけた顔立ちは少し真面目っぽいが、それに反して体つきはとても丸みを帯びて色っぽい。
胸は大きく、腰つきは細く、尻の形もやや大きめできゅっと上向いている。
経験がない俺にはなんと表現したらいいのかわからないが、いやらしい体つきとでもいうのだろうか。
すでに経験しているヤツらに言わせると「そうとう遊んでいるんじゃないか」という噂だった。 【“本能の教え方 lesson1”の続きを読む】 このページのトップへ
ブログ・カウンター
Today:

Yesterday:


SEO無料・出会い裏DVD・無修正不倫してみませんかホームページ制作

FC2Ad

Information

関谷うらら
  • Author: 関谷うらら
  • 妄想大爆走な文章を書くのが趣味の♀です。
    「妄想は自分を裏切らない、妄想も自分を裏切ってはならない」が座右の銘ですw

    ご連絡などありましたらこちらまでw
    urara0202777@excite.co.jp

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。