パンドラの箱

自分の書いた小説などの文章をアップします。 いろんなジャンルがありますので、よかったら読んでいってください。読み逃げ全然OKですw

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
僕はどこへ行くんだろう。
暗闇の中、手探りで進みながら思う。
足元にはいつ崖があるかもしれなくて。
ほんの少し怖いけれど進まなくちゃならなくて。
怯えながら、惑いながら、それでも歩く、歩く。
どこに行きつこうとかそんなことは考えたことがないけど。
この場所にいつも光が射していたなら、行く先を考えることができるのかな。
果てしない孤独の中で、ときどき足に触れてゆく硬いもの、足の先を濡らすせせらぎ、手を掠めていくもの、生臭い息を放ちながら傍らを通り過ぎてゆくもの。
それだけが僕の友達だった。

ある時、僕は小さく光るものにであった。
それは植物だった。
「私の体はほんの少しだけ光を放つことができるの。外へ一緒に連れてってくれるなら、あなたの行く道を照らしてあげる」
僕はそのときとても光が欲しくてたまらなかったから、その植物を手に歩き始めた。

けれど、その小さな光がぼんやりと映し出す世界は、僕が思っていたよりもずっと恐ろしかった。
切り立った壁は、僕の足に傷をつけて痛みを与えていることを知った。
足元をぬらしていたのは清らかな流れじゃなくて、淀んでぬるぬるした水溜りだった。
時々肌を掠める感触は風ではなく、ぞわぞわとする不気味な虫たちだった。
すべてが照らし出されてしまった。この小さな光で。

この先、どんな恐ろしくて気持ち悪いことがあるんだろう。
僕はとたんに歩みを止めた。
一歩も足を動かすことができなくなってしまった。

「どうしたの?どうしたの?早く進まなくては、外に行かなくては、私は水も土もなくちゃ生きられない。もうすぐ死んでしまうの。暗闇に戻ってしまうの」
分かってる。でも動けないんだ。怖くて怖くて堪らない。
僕は立ち尽くす。
暗闇の中で僕はただただじっとしていた。
光が描き出した恐怖に怯えながら。

やがて遥か彼方から何かが近づいてくるものがあった。生臭い空気を伴って。
獣だ。
僕は光にぼんやり映しだされた恐ろしい形相の獣に怯えた。
食べられてしまう…!

だが獣は、僕の顔にくんくんと生臭い息を吹きかけたあと手の中の植物をむしゃむしゃと食べ始めた。
光がどんどん小さくなって…。そして、ふたたび闇が訪れる。
獣は満足したようにのどをならして、お礼をするように僕の手をぺろりと舐めると、どこかへ行ってしまった。

やがて僕はまた暗闇に一人になった。
もう怖くはなかった。
歩き出す。ゆっくりと、ゆっくりと。
またずっと手探りで進んでいくのだろうけど。
やっぱりどこへ行き着こうとか考えることはできないけど。
それでも、僕はこの闇がいとおしかった。

END
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ
ブログ・カウンター
Today:

Yesterday:


SEO無料・出会い裏DVD・無修正不倫してみませんかホームページ制作

コメント

見えている不安か。。。('m'*)

ぃゃ。。。( ̄∇ ̄*)ゞぃつもながらひたすら感動ー☆
ウチなんか先の見えないことに不安だらけだから
この価値観の逆な世界に引き込まれちゃぅね

('m'*)。。。ウチは見えてるんだろうか、見えてないんだろぅかふと考えちゃったよ
現実世界に呼びかけてくるファンタジーってすごぃと思う(≧w≦)

  • 2007/06/29(金) 03:33:23 |
  • URL |
  • にゃあ #SFo5/nok
  • [編集]

にゃあさんありがとー

世の中には見たくないことや聞きたくないことっていっぱいあって。でもそういうことに立ち向かって多くのものを見て経験ことが良いとされている。当たり前のように。
でも、何も見えない狭い世界にいることを広い世界にいる人は気の毒に思うんだろうけど、一生見なくてすむのなら見えない方がきっとその人にとっては幸せ。
なのかなぁ。われながらちょっと病んでいる考え方なのかも(笑)

いつのまにか拍手なんて制度があって驚いたw

  • 2007/06/30(土) 00:00:22 |
  • URL |
  • うらら #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

関谷うらら
  • Author: 関谷うらら
  • 妄想大爆走な文章を書くのが趣味の♀です。
    「妄想は自分を裏切らない、妄想も自分を裏切ってはならない」が座右の銘ですw

    ご連絡などありましたらこちらまでw
    urara0202777@excite.co.jp

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。